よむよむ

  • 2009/05/20(水) 15:59:49

噂のアズペ2をインスコしてみましたが。しかし調子悪いです。どげんかせんといかん。
あめ

コ・リズム / 後藤ニコ様
 雨の中を傘も差さずに不可思議な少女をストーキングしつつ妄想でニヤニヤするお話。

 全体的に勢いだけで進むような具合ですが、ユーモラスな言い回しで面白く読めて好きです。
文章を読むと、なんとなく俺先生の作品に近いような印象を受けたので、
そんな感じの作品が好きな人には強くオススメできると思います。
主人公が否定的なダメ人間で頭のネジが4〜5本とんでるのが親近感わくwww

 説明文章が極端に端折られてて、状況などが把握できない場面もありますが、しかし「語られない」というのは逆に「好きに解釈できる」ところもあって、ヒロインの女性や主人公が謎だらけなのもある意味では自由に読めて楽しいです。
最近、自分の中で文藝作品が熱い。

ボツ絵

 どうしても体が描けなくて諦めたほう。
写真とか参照せずにデッサン的な正しさを求めると、カタい上に魅力のない絵になってしまうので、もう全部ぶっ飛ばして上の絵みたいに自由に描いたわけです。

 いかにデッサンが優れていても、いかに文章が上手くても、それは作品としての面白さとはそんなに関係ないと思うんだ。
いびつならいびつなまま、ありのままを排泄するのが紳士淑女のマナーでしょう。
コンテストやコンクールじゃないんだ。新都社なら尚更。



あお

青い涙 / fu様(文藝ショートショート七選企画作品)
 自分を傷つけて、搾り出すように心を捻出する。
それは苦痛の声ではなく、もっと根底から湧き出る魂の叫びだった。

 読者ページにうpした時にも言った通り、退廃的な雰囲気と読後感にヤラれました。
こういうのをカッコいいと思ってしまうから、人生が上手くいかないんでしょうか。

 アズペ2の筆圧感知を使って描いてみたんですが、これが滅法使いにくいです。
そもそも筆圧が感知されずにぶっとい均一な線が出まくるんですが、何か設定でも悪いんでしょうか。
↓こんな塩梅で、半分くらいの確率で筆圧感知に失敗するので参ります。
筆圧感知死亡説

 グーグル先生に相談しようとも思うけど、どなたか対策を知ってらっしゃる方がいれば是非教えて頂けると嬉しいです。

 しかしアズペ2ではjpg保存の際に劣化度の調整ができて、それがすごくいい感じです。
特定の別レイヤをマスク範囲に指定できるのも、凝った塗りをする際などに重宝しそう。
ただ、消しゴムのバケツ塗りが出来なかったりするので、しばらくアズペ1と2を両方起動して絵を描く事になると思います。


軍師さま

 文藝SS企画と言えば、通りすがりのT先生の作品も面白くて好き。
絵は「官僚の流儀」のほう。カッコいい為政者は素敵ですね。
「屈服の作法」も同じく歴史ものの話なのですが、どちらも国家のトップあたりの人間の物語で、他の作品ではあまり無いくらいのスケールで展開されてぐんぐん読めました。
歴史ものは個人的に不得手なのですが、注釈があったりと丁寧に書かれているので予備知識が無くても楽しく読めて良かったです。
 物語の進行が登場人物の台詞に頼ってるかなーという感じもありましたが、ショートショートですしね。
むしろこれだけの短さで歴史ものとしての魅力を出せているのがすごいです。
ラブコメとか学園日常ものとかが大量投下されている新都社の中で、こういう硬派な男臭さを出す物語は貴重ですらあるような。
男が惚れる男性像を描けるってのは、とても羨ましいです。

軋む礫

  • 2009/05/11(月) 02:32:43

デッサン人形ほしい。
超!エキサイティン!!





 忘れてたけど、くのいち祭に一枚描きました。
くノ一と書いて

春の歌

  • 2009/05/05(火) 00:36:36

長い髪の毛が風にたなびく様子が上手く描けない。あわびゅ。
びっちじゃないもん

 漫画の続き描いてます。
母の日(5月10日)くらいまでに更新の予定。

 北海道にもようやく春がやってきてて、桜や梅の花が咲いているんだ。
初々しい新緑が一番萌える。ダブルミーニング。
イエモンのプライマル。を聴いてテンション上げていってるよ。

ミニマル・ウェッジ (飼育記#2)

  • 2009/05/03(日) 23:02:05

そろそろフォトショとか使ってみたい。クリックで全体表示。
広島弁じゃけぇ

めいどろいど! / とてっと様
 こんなメイドさんはイヤだ!
・一人称が「わし」、二人称が「おどれ」の広島弁で喋る
・家事とか掃除とかやらない、むしろ逆にご主人様をパシらせる
・自己中心的な性格で、圧倒的な構ってちゃんオーラを放っている
・嘘泣きや逆ギレなどの強引な力技で、自分の希望通りに物事を進ませようとする
・堂々と法を犯す
・名前が覚醒剤そのもの
・そもそも人間じゃない
・おたふくお好みソースで動く

「ドクオとめいどろいど編」のヒロイン、ヒロポンはそんなキャラです。
ぶっ飛んでるね。
もうなんか、最後の二つの項目の意義が見出せないくらい強烈。
破天荒と言うより精神神経科に入院してもおかしくないレベル。
しかしそのくらいインパクトある方がむしろ大好きです。



 つづきに私生活記録。久しぶりに家計簿つけました。

続きを読む