笑う前に涙が落ちてしまう事を

  • 2012/07/30(月) 21:33:48

ファンタジー系魔法少女まんがだと言い張る
魔女の子

 ◆ 球体関節人間訃報投棄全集 / ひよこサブマリン
短篇集。企画投稿作品「夏の魔物」「ホコロビ」「フラジルフロイト」と「泡沫断片集」の文章作品を収録。
新作として短編漫画「グランブランの気狂い人形」を書き下ろし。
「きゅうたい かんせつ にんげん ふほう とうき ぜんしゅう」とリズミカルに発音出来ると楽しい。こんな漢字だらけのタイトルは目が滑って読まれないだろうなぁwwwと思うけど、個人的に気に入っている。
何も意識していなかったけど、漫画作品はそれぞれ「人形」や「魔法都市」といった共通点があって驚いた。無意識的に作者はそういうのを求めているのかもしれない。

 ◆グランブランの気狂い人形
親の顔は知らない、友達なんていない。暖かいスープの味も、柔らかな寝床の感触も知らない。
助けを求める事を諦めた子供はいつしか泣く事も笑う事もやめた人形となり、戦場へ向かう。

ダークファンタジーまんが。
作者のフェティシズムのみで構築された純粋なカタチの表現と言えるかもしれない。とにかく描いてる間は楽しかった。
漫画を描くにあたり、Google翻訳先生を大活用させて頂き、主にフランス語とドイツ語に関して調べたりしてました。便利すぎます。

この漫画のプロットは今年の4月にどうしようもなく最低な気分だった時期に思いついたものですが、その時の出来事と漫画の内容は何も関係ありません。
精神的に強い負荷がかかっている状態の方が、漫画のネタを思いついたりしますよね。不思議です。

続きに設定など。

続きを読む

ダリア更新

  • 2011/12/25(日) 04:12:59

実に1年ほど放置しておりました。
まんがかいた

不可描画ダリア
ダウナー系萎え漫画、更新しました。
サーバーも画像が表示されにくいfc2から忍者に移転し、ついでにhtmlの見直しやファイル整理もして、管理者的にスッキリしました。見た目は特に変わってませんが。

今回やってて思ったのは、僕は漫画を描くのが下手なんだぁという事。
今まで絵の方にばかり気を向けていたけれど、ダリアも含めて漫画作品はあまり作ってこなかった。だから上手くないんだろうなと。
漫画を上手くするには、とりあえず沢山の量を描いてみなければ何も進まないと思う。しかし漫画を描くのは膨大な労力と時間的余裕が必要だ。
今後は漫画も上手くなっていきたいなぁと思います。

今回更新した中で、コメント返信の道子が自分の中で最高に可愛く描けた絵なので、本編を読んでどんよりした後は爽やかに微笑む彼女を見てほんわかして頂ければ嬉しい。作者も漫画製作中、何度もこの道子に癒されました。
自分の描いた絵が本当に気に入るって事は僕にとって珍しい事でした。

描きたい漫画はいくつかあります。ダリアもウィスキーボーイズも、あと元ネタのある二次創作系のものも。
とてもじゃないけれど、全部を描くには時間とやる気が足りない。

ゆっくりゆっくりと、生きていっています。

ハスキーヴォイス

  • 2011/08/23(火) 21:26:00

まんがねこいたよー!
つくしすぎな

ウィスキーボーイズを歌おう / ω・`)またお前か
 変態掌編漫画。食事中の閲覧はオススメしません。新都社ベータマガジン登録作品。
内容はすぐ読めると思うので、ここではつらつらとあとがきを綴る事にします。

 この漫画、最初は夏漫画企画に出す「夏の魔物」の対案として作ったプロットが元になってて、夏というテーマから考えると弱い点、合同作品として出すにはアレでナニな内容、僕が期待されてるポジションなどを加味して考えた結果ボツになったものでした。
夏漫画企画のアンチ作品「暗黒魔界編」に寄稿しようかなと思ったりもしたのですが、やっぱり夏っぽさより別のモチーフを強く出してるので、個人作品として登録する事にしました。

 漫画の制作に関して。
人工肛門ネタはずっと前から描きたいモチーフとしてあり、またコンプレックスが強くて扱いにくい子とか、顔真っ赤で涙目になりながら罵る子とか、目つきの悪いイタズラっ子とか、とにかく描きたかったものを色々と混ぜ合わせて作ったような感じでした。
力まず好き放題やれたので作画作業も楽しく、自分としても気に入ったものが出来たと思います。
今回は事前にネームを練ったりせず、プロットと大まかな場面の構想を脳内シミュレートしただけで、あとは1pずつネーム(下書き)→作画→完成させていく方法で作ってみたのですが、結果として以前のどの作品よりもいいネームになってるような感触があります。
今までの経験が蓄積されて良くなったのか、もしくは今回たまたま調子良かっただけなのか分かりませんが、アドリブで1pずつ作ってく方が計画的に段階を踏むよりずっと楽しいし色々なアイディアを混ぜられて面白かった。
制作しはじめた最初は、とにかく気楽に、リハビリするような感じでやっていこうと思ってたのですが、なぜか3pめ辺りから火がついて全力投球しまくり、「画面を構成する全ての線を気に入るまでやり直す」というアホみたいな作画してみたりするハメに。
結果として、描きなれたバストアップの多い顔まんがになっちゃったけど。
しかしFAでは描けない、目のアップとかやれて楽しかった。
あと、今回は1pごとにヒキを意識して作ってみたら割とメリハリついたような気がします。1p単位の呼吸みたいなのが出来てきたような。

 漫画の内容に関して。
セリフの無いシーン、説明なしで見せるシーンが好きなのでその通りに描きました。
赤毛で睫毛の子がキスする理由とかを脳内補完できる人なら面白く読めるかもしれないけど、脳内補完できない人の場合はよく分からないただの変態にしか見えないでしょう。
漫画でも小説でも、行間を読む行為というか、読んで受け取った内容を脳内で膨らませて楽しむのが最も面白いと思うので、今後もその方向を追求していきたいです。
作品は作者の創作に読者の想像が加わって初めて完成するものだと信じてます。
とにかく自分の趣味でかためた漫画になりました。
読んで頂いて、楽しんで貰えたら幸せです。

 最後に、タイトルとか名前に関して。
ウィスキーボーイズという言葉に大した意味は込めてません。
へろへろな酔っ払いロックバンドみたいなのをイメージしたくらいで、多くはノリと語感で決めました。
作者名もコロコロ変えたがるので、気が変わったらタイトルも作者名もぽんぽん変更する可能性が高いです。

 まとめ。
楽しかった! これ描けて良かった! 読んでくれてありがとう! 大好き!



以下、続きにコメント返信など

続きを読む

少年窃盗団

  • 2011/06/06(月) 21:30:26

みんなで漫画描いたよ。↓画像クリックで原寸大表示するよ。お姉さんいなくてごめん。
もう一人おる

 ◆夏漫画企画2011〜気持ち良い事〜 / 人妻集団
同一テーマ「夏」を合言葉に同志たちが持ち寄った短編集。
おそらく他の誰よりも僕が一番この集団犯行を楽しんだと思うので、それぞれの作品についてなどつらつら語ってみよう。

 夏の終わり、夜の町を歩くということ。/タイペ
普通の人生からこぼれ落ちてしまった人の話。
主人公の語りで進み、小さな発見をもって静かに幕が下りる。
「人間らしさが取り戻されていく」という台詞がさらりと出てくるけれど、相当こわくて寂しい情念を内包していると思う。胸を打たれた。

タイペさんの作品は他に「残尿執行猶予中」があり、こちらは本当にもう素晴らしい残尿感でメロメロにしてくれる。
一見の価値ありと言い切ろう。


 おごそかにそれを言え/虚無子
性行為や薬物や死が、軽薄で無軌道な少年少女と重ねて描写される話。
緻密に描かれた画面は美しくも冒涜的で、確たる存在感をもって読み手の眼前に突きつけられる。
説明もなく突き放された距離感、カラスを想起させるような処刑人など、個人的な好みにもガッチリはまってカッコいいと感嘆してしまう。

キモスさんのヤングワロス作品「18000回の死」も近いノリの背徳漫画なので、そちらも全力をもってオススメする。


 夏の魔物/学
僕の描いたやつ。ひと夏の友情もの。
魔法陣グルグルにあった、「魔法で友達をつくっちゃった!」って話と、「死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?」にある「着物の少女」が大好きで影響された。と言うかパクった。
短いページに起承転結を詰め込む事を最も重視したので、分かりやすさやテンポの良さは犠牲になってると思う。
コメントで好きって言って下さって、ありがとうございます。嬉しかった。


 兆し/のむぎの姉
夏の日の情景。
のむぎ姉妹による姉妹作品として見ると面白いので、詳しくはのむぎさんの方に書いた。
シンプルですっきりした画面構成と描写でスラスラ読める。
というかお姉さん漫画上手いじゃないですか新都社で連載して下さいよと思わずにはいられない。


 good-bye/砂糖
男女と別れ話と、永遠に続くような日常風景。
砂糖さんらしい情緒的で断片的な作品。
するりと通り抜けてゆく一陣の風のような透明感や軽快さ、女性のおっぱいの量感が目に楽しい。
ドロドロしがちなテーマでも爽やかに描写してしまうのは、この作者さんの最大の魅力かもしれない。

「オフロデクラゲ」が物凄く好きだったけれど、消えてしまったものは仕方ない。
現在はヤングで「そりゃご自由に。」が実に自由に連載されていて、砂糖さんの持ち味をキラリキラリと覗かせている。


 夏の傾斜/ぐんざん
こどもたちの夏。綺麗なぐんざんの比率高し。
圧倒的なまでの児童期への憧憬と、小さな秘密(主に性的なやつ)の描写はいつも通りのぐんざんであり、彼が健勝である事を濃密に物語る証左だ。
ぐんざんには妄信的な信奉者、あるいは敬虔な研究者とも呼べる人たちがついてまわり、僕もその末端を構成する者と言えるが、とにかく僕らの待ち望んだ、有機物をろ過して液体化するようなぐんざんという現象を確認できたのは喜ばしい限りだ。

ぐんざん氏は「夏蝉は鳴いた」の方でも夏らしい作品を描いている、あるいは描いていた。
こちらも混じり物無しのぐんざん100%なので、飢えたる者どもへの福音となるであろう事は疑いようも無い。


 蚊/のむぎ
夏の日の情景その2。
児童文学的なかわいさと、のんびり流れる空気感でほわほわする作品。

先の、のむぎ姉と合わせてワンセットで見ると非常に面白い。
共通しているのは、どちらもなんてこと無いありふれた日常を描写しながら、季節感を強烈に匂わせる内容である事。ラストは主人公と親しい人物が携帯によるやり取りをして終わる事。
それらに反して、この2作品には対比的な要素もあり、それぞれ昼と夜、蝉と蚊、同性の友人と恋人(もしくは異性の友人)、となっている。
これだけ近い要素を持つ2作品だが、描写のタッチやページから来る雰囲気など、作者が異なる事で全く違う印象を受けるのがとても面白い。
のむぎ姉妹(または姉弟)ならではのコンビネーションだろう。

また、のむぎさんの他の作品「コンビニ弁当は腐らない」は心に響く素敵な作品である事も、付け加えておこう。


 最後に。
個人的に大好き過ぎてゴロゴロしなきゃやってられないくらい大好きな人たちがひとつの場所に集まり、ひとつの作品集として形に出来た事が本当に楽しくて何度もジャンプしました。
今回の企画を立ち上げ、取りまとめて下さった幹事様、並びに参加して下さった方々、読んで頂いた皆々様に感謝の念と畏敬と、あとほんの少しの悪意でもってささやかなイタズラを。
ありがとうございました。

じゆうちょう

  • 2011/02/27(日) 10:21:05

大体全部クリックすると原寸大になるよ。
甲冑乙女
 ローグ-運命の洞窟- / えびせん様
いわゆるダンジョンRPG漫画。モリちゃんの鎧姿が天使すぎました。

おふろ
同上。モリちゃんのお風呂シーンが天使すぎました。

女装少年
 ストレンジ・フラワー / 旗幟ななこ様
アブノーマル恋愛小説。ななこちゃんらしい、お耽美世界。
サムネも描いたお。全面バックアップしとるけぇの。

白昼夢
 オフロデクラゲ / 砂糖さま
幻想水族館的世界などの短編集。ゲスい話が結構あるのが好み。
ワロス連載も似たようなノリなので楽しいです。

 ↓続きには配信見ながら描いた絵など。

続きを読む